Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#94問題は2008.03.04
 小説を書く上で
 どこからどこまでを贋物にしてしまうか
 なんですけれども、
 スコットランドとウェールズはこれまで避けに避けてきたので
 もうどうしたらいいか分かりませんケルト神話
 勉強に割くことで日々が過ぎてゆきます……
 最初は序文を主人公視点で書こうと思っていたのですが
 そういえばオシアン作品群があるじゃーん!とか
 思ってしまった浅はかな私がいたりしまして
 これ使えないかなとか 考えていた り……
 ……
 日本のケルト神話が好きな人と言うと、多分に島嶼アイルランドの人だろうと思うんですけども
 そのですね
 何が言いたいかと言いますとですね
 あんまり
 マクファースンさんの噂を聞かないんですが
 ……これは、主流じゃない、って、だけ ですよね?
 それだけですよね……? 怖くて仕方がない……

 最近、首を突っ込めば突っ込むほど『ケルト神話』と言うものが分からなくなってきたんですが
 むつかしいですねえ
 ケルト文化に対しての諸問題、諸定義については、私は歴史的な視点でどうこうしたいわけではないので、いっそ潔く見ない振りをすることにしましたが、
 『ケルト神話』と、言う言葉に対してのあれこれには腕組みをしないでもありません
 元々、ケルト神話というのは「アイルランドに住んでいたケルト人が持っていた神話体系・及び神話伝承」のことを言うのだろう、と、私は解釈しているのですが(違ってたらすみません
 これも神話に綴られる神々や物語の内容が純粋に”ケルト人の神・ケルト人伝来の神話”という訳ではないので、
 どちらかと言うと『アイルランド神話』と呼ぶべきなんじゃないのかな、なんて思ってみたり
 そもそもレオル・ガヴァーラから始まっているわけですし
 いかんせん、”ケルト”と言う言葉自体も近代に入ってのものなので、どうしたものかと言う按配であります
 ゲール語、のゲール、は「風」と言う意味だそうですが(個人的に凄く勝手にときめいた)これはどこから命名されたものなのかなあ

 学校終わっても、やってることはあんまり変わりませんなこりゃ
日々徒然 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT