Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#714けしのはな2013.11.18
 芥子の花の匂いがする。

 なぜ……とばかり声はくり返す。

 もはや身体は動かない。

 ただゆっくりと、とても遠いところへと向かう支度をはじめている。

 天上から、濡れもしない雨粒がしたたり落ちて、眠らないようにと囁く。

 まだそのときではないのだ。

 それがどれほど間近に迫っていたとして。

 時間の帯が肌に触れ、通り過ぎてゆく。

 花の匂いなどこれまで気にしたこともなかった。



 ここにあるのは思い出ばかりだ。

 もはや新しくなることなどないものたち――。
 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT