Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#6772012.06.07
 痩せ細った両脚は走る

 途切れめのない薄明のなかを

 空と地面

 ともし火と暗がり

 命とことば

 赦しと痛み

 何もかもの溶け合った模糊の輪郭を

 閉ざされた唇になぞりながら

 点々と

 足跡だけがのびてゆく

 裸足のかたちに

 星が砕け散ったあとの

 砂の

 塵にも

 同体の思い出の残ることを

 走り続ける、孤独の時間ばかりが知っている
 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT