Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#5792010.08.18
 森の奥で待つ
 不可解な静けさを伴って

 木立ちは語らない
 枝葉をゆらす風以上に
 何かの歌は必要でないから

 ごらん、あそこに、列を成した白い人々が
 迎えの両足は昼と夜の境目を踏んでいる
 縫い付けられた影は鳥と獣の声を借りて呼ぶ、
 もう顔も分からない誰かを
 何度も、何度でも
 そこで求められる名前はどれも
 灰色の沈黙が平らげてしまった

 時間たちはいつになく優しい
 立ち止まった色の頬に
 私はそっと触れる、
 誰も急げとは言わない
 私は忘れるだろう
 今日を限りに
 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT