Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#536電気の精2010.05.17
 ラウル・デュフィ いっぺんでいいから、彼が描いた『電気の精』が壁を埋め尽くしているところを見たいなァと
 なんて言ってて収蔵してるのパリ市立近代美術館なんですけどね
 行けねーよ
 何でまたいきなりデュフィかと言うと、

 色々もろもろのことで何だかもう しにたい
 ↓
 はっ そういえばばら色の人生、何て絵があったな……と寝床の中でぼんやり思い出す
 ↓
 そうだよデュフィ! 三十年、或いはばら色の人生!
 ↓
 あんなに色々大変だったのにばら色の人生だなんて
 ↓
 電気の精見たい

 単純明快
 しかしこの人フォーヴィスムの人なのかい あの人たちはわりと皆好きだけど、ほんとこの辺りの分類がどうなのか……
 デュフィの絵は、こう、純粋に幸せな絵で凄いなァなんて思います
 例の、アトリエでローラースケート履いてたというのも可愛くて好きです どうやって描いてたのそれっていう
 彼がテキスタイルデザインをした布なんかも復刻されてて、欲しいと思うのだけど、ぼったくり過ぎてて手が出ません
 当時それそんな値段ちゃうかったやろ じっさいは知らないけど それにしても高価いですよ……
 
 電気の精が下のほうにちらっと載っています
 http://mitaka.jpn.org/ticket/090418g/
 ブリヂストンにオーケストラが入っていたと記憶 あそこは静物画も持ってますね
 遺作のタイトルも、確かオーケストラだったように思いますが、さてどうだったかな

 ……どうやら風邪を引いたらしく、そうなってくると喘息たんが黙っているはずもなく
 ので、何だかちょっと機動力が落ちています のんびりするにもやることは一杯あるので、困ることはないのですが
 具合が悪いってのは面倒くさいもんですね
日々徒然 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT