Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#529ロード・オブ・ザ・リング2010.05.11
 いちいち・が面倒なタイトルですが
 久しぶりに、スペシャル版を通しで観ました
 ……私これ、勝手にノーカット版なのかと思っていたんですが、追加映像版と言ったほうが正しいんですね ひぇー とんでもないな
 この作品の一番素晴らしいことはね、
 一部のエルフと魔法使いを除けば全員巻き毛ってとこですよ
 オークと禿げてる人間連中は髪の毛ないから論外ね、あと最後の方に出てきた敵も覆面だから見えないし
 巻き毛率が8割超え……素晴らしい……いまだかつてこんなに巻き毛だらけの映画ってあったのだろうか
 あれですよね、巻き毛だと5割り増し可愛く見えますよ人間 みんな巻き毛になろうぜ 人造でもいいからさ
 ローハンのケルト風味も、個人的に観ていてニヤニヤしてしまう

 まあそれは良いとして、劇場版とこっちでは随分違いますね、最初に観たときには吃驚したものです
 個々の説明もそうだし、シーンの意味自体もがらっと変わってくるし、こんなにいい映画だったっけ、みたいな……
 私はどうもそういう部分が好きで、そんなところばっかり観てしまうんですが、登場人物とそれぞれの役割り、シーンに過不足がないというのは凄いなァと思います
 死も品物も悪役も何もかも、無駄になっているものが一つもない
 キャラクターへの報い方も理に適っているし、筋が通っている
 あと台詞が美しいな……執政官の台詞とかは、おいおい指輪物語にそれでいいのか、って気もするんだけど……原作はその点どうなんだろう?
 原作は冒頭でめげて読めていないんですが、映画だけ観て考えると、その辺りはほんと素敵だなと思う
 折々に入る、スローモーションでニュアンス優先のシーンとかは、じつはあんまり好きになれないのですが でもこれ監督絶対好きなんですよね 癖と言うか、入れたくて入れてるんだなって気がする

 この映画しかり、ファンタジーって「言葉が通じて話が出来るのに理解し合えない」存在を書くにはもってこいのジャンルだと思います まあ物にもよるんですけど
 人間たちとオークの戦闘シーンとかで、人間がやられると「うわっ」と思うけど、例えばオークが内輪もめしてても全然怖くない……それはあの人たちが”人間”ではないからで、でもこの世界にはホビットやエルフやドワーフなんか、半人間みたいな人も一杯いるわけで
 うーん巧く言えないな
 一体どの辺から、私たちは彼らを「自分たちと同じではない=人間ではない」と思うのだろうな、とか……
 私の大好きなアイルランド神話のなかで、敵軍に接触をした将軍が、帰ってきて取り乱しながら「話が出来た、言葉が通じた、彼らは人間だ、私は彼らと戦えない!」と言うようなシーンがあるのですが、そういうニュアンスを書くには一番いいのになーと思うのですよ と言うかこれは私が書きたいと思っているんだろうけど
 この映画でも、ちょっとそういう部分が気になってしまう
 オークたちは一体何を考えているんだろう? エルフたちは? 彼らはエルフ語を喋るし……まったく同じと思うのは勿体ないような気がする
 
 それにしてもクリストファー・リーがお美しい ちらっと映る手がね、綺麗ですよね、恰好いい ファンです
 欲を言えば彼の演じるガンダルフも観てみたかったなァ、なんて思いはするんだけど、そうなるとサルマンやる人がいないんだろうなァ
 ガンダルフが戻ってくるシーンで、最初の二言三言を、クリストファー・リーの声で吹き替えてるのがまた、小憎いですね
 おっとアラゴルンが画面に 恰好いいなー彼大好きです 手さばきと動きがね、もうね 堪らんですね
 どこかのブログ?だったかな? に、汚れれば汚れるほど美しい物理法則を無視した美貌とか そういうことが書いてあったのだけどほんとその通りですよね 汚い方が恰好いいという
 オーディオ・コメンタリーもつらつら聞いているんですが、照明についてのコメントがとても素敵で
 演出上の不自然な照明について、スタッフに尋ねたら「あれは音楽と同じところから差しているんだ」みたいなやり取りがあってですね

 はー、ともかく、面白かった
 流石に三部作全部観ると、一日二日使ってしまいますけども
 程よく幸せにお腹一杯
日々徒然 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT