Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#484感覚感情マスキング2010.03.20
 虐殺器官、やっと読み終わりました いまはなぜかシャーロック・ホームズとカイエ・ソバージュを読んでいます
 読了してみると、あああーなるほどな、という、感じです
 恐ろしい本ですね 出来るだけ色々な人たちがこれを見つけて、手にとって読むことを願います
 私だったら、彼の罪への逡巡はいっそ書かないであろうな
 そして本当に淡々と終局に持っていく
 ルツィアさんのことは、もっと無機的にしつつ情感をロマンティックにしてしまうことでしょう……うーん愉しそうだな……
 今のところ、一番書き写し練習をしたい作品です
 これは古典的かつ古式ゆかしい伝統的な訓練法ですが、じつはまだブラッドベリしかやったことないです お恥ずかしい
 最近は生きていて恥ずかしいことばかりで、昨日までの私を一体何人絞め殺せば良いのだろうと悩ましい限りです
 作中に出てくる、感情はよく分からないながら、感覚のマスキングは何となく分かるような気がします
 何年か前に顎骨に腫瘍を作っちゃったことがあるんですが、そのときに周辺の神経をやられてしまって、いまだに左頬下の感覚があんまりないんですよね
 ニュアンスはかなり違うけど、あー、こういう感じか、とか思いながら読んでいました
 末筆ながら、伊藤先生のご冥福をお祈り致します
 今日も暇だしお墓参りに行くのも良いか知らん、と思ったのですが、どこにおいでか分からなかったのでこの場にて
 他の本も探して読まなければ

 あ、ミンティアガールズ、選りすぐった美少女って何だ珍しく本当に可愛い子いるじゃないか! いまちらっと映った子かなり好みやで(聞いてない

 うーん
 長編の続きに使う文体と人称で悩みます 悩んでいます
 使う人数も展開もある程度出来ているんだけどな 誰を視点に使っても違和感があるなァ
 三人称で神さま視点にして途中からふわふわ降ろすか……うーんうーん
 これに関しちゃ、悩むにも愉しくて困ります
 あと、
 もしかしたら作らないと言っていた、短文の本まだ作るかもです……
 ファイル整理してたら、てっきり大昔に左様ならしてたと思ってたものがいくつか出てきて、それが修繕さえ出来れば多分一冊くらいになってしまうような気がするんです

 そろそろいい加減お店も始めたいんですが、そっちはまだまだ無理そうです 無念
日々徒然 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT