Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#438ケルティック・クリスマス2009.12.13
 今年も行って参りました 素晴らしかった……
 スコットランドのお二人、もー巧い巧い! ハープのお姉さんもだけど、フィドルの何と優しい音であろうか
 で、アヌーナは一昨年のときよりも格段に良かったです
 マクグリン氏がお元気そうで何より まったく相変わらずの美声……話してても少年みたいだし
 個人的に、ガウデーテとリウリウが聴けてとてもよかった と言うか、今回何であんな難しい曲ばっかりやったんだろう? いや、客としては嬉しかったんですけども
 そんでもって、アルタン
 なに あの 熱気
 何人かの外人さん、客席で踊り狂ってたぜ……?
 有名で、すごくて っていうのは知っていましたが、ちょっと面食らってしまった すげー 恰好いい
 それがまあ、周りを見てみると、どう見ても「近所で演奏会があるってんで聴きに来ました」って感じのおじさま・おばさまが、すごく愉しそうなんですね
 それが何だか嬉しくて、幸せでした
 素敵なことです 音楽というのはかくあるべきだなあ、と思います うん
 というか、アンコールで全員集合ってどんだけ贅沢なん
 ファンにとっちゃ、このアンコール部分だけでも来る価値あるよなあ
 幸せな日でありました

 追記に拍手お返事をば
12/9 くろながさん

 こんばんは いえ、手前勝手にやったことなので、とんでもないです
 というか、本当はもう作ってあるものを、実物と下図で並べて上げられれば一番良かったんですが、作っちゃった奴の図はどうやら片端から捨ててしまっていて はは は
 ペンで一発描きなので本当汚いという……多少ともお役に立ちましたならば何よりでございます
 偽島で考えるならば、むしろ図案を描かない人のほうが多いのかもとか、ちょっと思いました
 あとは入り組んだ形の、たとえば面倒くさい石留めや透かし彫りの部分だけ描いてみるとか
 考えた形を描く、というより、考えているだけでは埒が明かないから、とりあえず疑問を解消するのに絵で描いて確かめてみる、という方法の人が多そうだな、なんて
 ……いや、考え出すと中々愉しいですね 

 私は外側からの影響がないと、自分では何も始められない人間なので、指折り数えてみると同じように作ったものばかりです
 感覚を反映する、というわけじゃなくて、何と言うか――テストの答案を書いているように感じるときが、何となくあります いや、何だそりゃ、ですね

 小澤さんのラヴェルというと、私はクープランの墓のプレリュードを聴いたことがあります 録音ですけども
 亡き王女のための、あの曲も大好きです 彼がいくつで作ったかを知るとかなりへこみますが へこむ謂れは塵ほどもないけれど気持ちの問題という奴で
 うーん、でも私、ラヴェル以外はクラシックあんまり聴きませんし……それこそお恥ずかしい話なんですが、ちっとも知らないですし……
 私の周りにいる、音楽を齧った人たちなんて、ラヴェルのラの字も知りませんでした ですよ
 ボレロのメロディを歌うとやっと分かってもらえるという 一応はクラシック畑のはずの人たちなのに

 私、ジャンニさんには彼の曲の、道化師の朝の歌が、すごくとっても! 似合うと思います
 オーケストラ版で、特にフランス産のものが
 似合うと、思うのです
日々徒然 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT