Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#3592008.12.15
 いまさらですが、ケルティック・クリスマス
 素晴らしかった
 全員が全員、とても人間業とは思えなかった
 ああいう意味での音楽性、というものは、多分もう日本には残っていないんじゃないかと思います
 まさしく妙技と言うしかない
 ていうか、
 録音文化は死ねばいいと
 だって全員が全員、CDの万倍本物のほうがいい
 それは当然のことだし、当たり前なんだけど、
 でもここまでかけ離れてると、首を傾げるどころか捻りたくもなるわけで
 あれか、録音が悪いの? でもなあ なんかもう別人なんですけど
 かの有名な茂木さんが、録音は音楽の屍骸だとおっしゃっていたけど、
 私はいままで何とはなし、精巧な人形のように思っていて、でも今回聞きに行ったおかげでひとしきり腑に落ちました
 これはたしかに屍骸ですね
 ダーヴィッシュの違いが一番激しい
 歌だって、そもそも声がぜんぜん違うじゃないか……
 それでも録音したものに頼らなければいけないのは異国人の悲しさですか
 
 あのままあの人たちにずーっと付いて行って、そばでセッション聴かせてもらえるなら、ほかの何も要らないなあ 出来るものなら全部置いて行く
 英語話せないけど
日々徒然 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT