Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#129ゆっくりと手を挙げよ2005.11.13
 黒の脅威が迫る
 圧倒的な裁決の音
 事実はいつでも不本意で
 私がそうとを望むから世界は崩れ落ちる
 彼女が折れ曲がった道で待っていて
 君は追いつけもしない車でやってきた
 僕は優雅に跳ね飛ばされて
 真正な幸福の意味をやっと頭に思い描いたりしている
 死角に入ったあなたは賢かった
 怒れる彼は気付きもしなかったろう
 だからこそ復讐は意味あるうちに成し遂げられた
 やがて声は騙る
 ゆっくりと手を挙げよ
 ゆっくりと
 その無音の脅迫
 ただ感じる不在の視線
 私はただ銃声の鳴るのをじっと待つ
 ゆっくりと手を挙げよ
 弁明の届くことは最早ない

 2005.11.13
 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT