Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#125優しさは2005.10.22
 恐らくは恐るべき病で
 それ以上に自己を破壊するものは存在せず
 だけどでもそれが理由で私があなたを愛したんなら空しいばかりなのに
 きっとあなたはそれでもいいよと言うのだろう
 それが何よりの苦痛だと
 自分でさえ気づかずに
 まったく救いようがない
 なんたる病!
 私は朽ちてゆくあなたを見守る羽目になる
 干からびて
 黒ずみ
 そうしてからからになって崩れていくんだ
 それを
 捉えることは終生叶わず
 それを殺すことは冒涜であり
 だから人間たちはこぞって自分を破壊するのだと、その日の神は言った

  2005.10.22
 | CM(0) | TB(0) | 

*COMMENT

*COMMENT POST

 管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT