Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  »
#6852012.06.17
 足元を

 ざらついた水が流れて

 湿った空気は

 首に巻きついて剥がれない

 何度も踏み出す

 同じ歩幅を

 等しいリズムで

 昨日を、今日を

 こうしていくつも

 いくつも忘れてきた

 朝陽のない夢の裏側に

 何もない

 項垂れながら

 それでも願ったものは

 もう何も

 微笑みは遠くちらついて

 どう歩けばいいのか

 見失ったまま

 身体はただ向かおうとする

 明日へ
スポンサーサイト



 | CM(0) | TB(0) | 
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT