Pâlir 青褪めた

ADMIN
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »
#651娘の話2011.08.30
 いつぞやにきちんと書く、と言ってしまったので、その帳尻合わせに
 しかし何から話せば良いでしょう

 生まれたのは8月3日
 体重は2470g、2500にぎりぎり足りなくて、退院二日前まで箱入り娘しておりました
 初めて顔を見たときは思っていた以上に小さくて、手足は痩せ細って皮膚があまり、しわだらけだったのですが、いまでは順調に肥えつつあります
 日に日にビリケンに似てきております

 途中、私が中毒を起こしてしまい、薬と器具を使って予定日よりも早めに出したのですが
 これにかかると子供が育ちにくいそうで
 最後の一ヶ月に至っては、体重が増えるどころか減ったりしておりました
 後半はとにかくひたすら蛋白質摂っていたのですが、全然おっついていなかったようです
 元々味付けの薄い家なので、塩分過多ではなく、ほんとに中毒というか、身体に負荷がかかっていたのだろうなと
 入院中の病院食(減塩)がしょぱかったくらいなので

 しかし誘発剤を全弾積まれたせいか、陣痛から産むまでが本当に、痛かった
 器具を使った時点で陣痛きていたのですが、「ここで止まっちゃったら大変だから」と、6錠ぜんぶ飲むことになったのですよ
 たぶん過剰陣痛というやつだったのではあるまいか……いや確認はしていないけど……
 出産というのは、あれ、この世の痛みではないですね
 私いままで散々痛いことやってきたと思うのですが、ぶっちぎりで痛かったです
 右手の複雑骨折もあれだけど、顎の腫瘍より痛かったから相当だと思うのだけども
 本当は和痛分娩のはずだったのですけど、進行が早すぎて痛み止めを打つ暇がなく

 以下、去年からの流れ

5月:付き合う→7月:夫の人がうちに住み着く→8月:結婚しようという話になる→9月:指輪をもらう、魔女な義母に会う→10月:展覧会にかこつけてお互いの親の顔合わせ→11月:各々の家に根回し、結婚の日にち決まる→12月:謎の腹痛(結局原因が分からない)により救急車で運ばれ、もしや赤子?(確定ではなかった)予定通り結婚→1月:年末年始でそれどころじゃない→2月:赤子確定 色々あって今月産んだ

 でした
 年越えると大殺界に入るとのことで、まァ担げる縁起だし担いでおくか、と去年のうちに籍を入れることになり
 結果として丁度良かったねェと

 小さい頃、きみは子供が出来ても産めないと思うよ、なんて言われ、長らくそのつもりでいたのですが
 いやー、人生何があるか分からないものですね

 娘の名前はカタカナです
 キラッ★とはしているけども、ぎりぎり どきゅんではないと 信じたい
 ホラ世の中には原田アンリさんとか北川フラムさんとか いるじゃない

 とりあえずこんなところでしょうか

 そんなわけで、大分色々なことが変わりましたし、この先も変わってゆくこととは思いますが、この場所も、ここでやってきたことも、いままで通りに、ずっと続けてゆきます
 お見知りおきの皆さまには、これからもどうぞよろしくお願い致します
スポンサーサイト



日々徒然 | CM(0) | TB(0) | 
Photo by *05 free photo | Designed by *BUTTERFLY EFFECT